70th いつの日も、残波。

いつの日も、ハレの日も、残波の日。

70周年ステートメントこれまでも残波 これからも残波

戦後間もない1948年に読谷村で
泡盛造りを始めた比嘉酒造。
物資不足の当時、危険を承知で
メチルアルコールを飲み
失明する人が後を絶たない状況を憂いた
創業者は
「沖縄県民に安全でおいしい酒を」
と未知の世界に飛び込み、
泡盛の製造に邁進しました。

そして1980年、琉球泡盛「残波」を発売。
断崖を駆けのぼった荒波のしぶきが
岩の上に残るさまから
名付けられた
地元の名勝・残波岬にちなんだ銘酒は、
現在の主力銘柄となっています。


泡盛造りを始めて70年。
これまでのご愛顧に対する感謝を
胸に、
いつの日も、ハレの日も
美味しく飲める
泡盛を
これからも
皆様へ
お届けしてまいります。


いつか、沖縄だけでなく日本各地、
世界各国で「泡盛といえば残波」
といわれる日をめざして。

代表メッセージ次の10年、100年を目指して

拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

さて、弊社はお蔭様で創立70 周年を迎えることになりました。
これもひとえに皆様方のご愛顧のおかげと、社員一同心より感謝いたしております。

昭和23 年の創業から創業者・比嘉寅吉の「沖縄県民により良い泡盛を提供したい」の理念に基づき、第一号の泡盛「マルタカ」をはじめ現在では地元読谷村だけではなく、沖縄県民、果ては県外にお住いの多くの方々にご愛飲をいただいております「残波」を世に送り出してきました。

70 年の大きな節目を迎えて、ますます事業も発展していく中、創業以来の理念に新たなチャレンジ精神の元、文化伝統を継承しつつ、「初心生涯」を掲げた先代社長をはじめ、世代の造り手たちの思いを大切に、 お客様・皆様に愛される泡盛造り、社員づくりで醸していきたいと思います。

次の10 年、100 年を目指し、社員共々、より一層の努力をし、皆様のご愛顧にお応えしていく所存でございます。
今後とも末永く、ご指導、ご支援賜りますよう宜しくお願いいたします。

代表取締役 比嘉兼作

70年の想いをロゴに込めて

変わるものと 変わらないもの
変わらないのは 人の想い
美味しい酒を造りたい
人の喜ぶ酒を造りたい
酒造りを通して世の中の役にたちたい
創業より70年 人や時代が変わっても
蔵人の酒造りに対する想いは変わりません

イベント / キャンペーン

CLOSE